個人事業主メールアドレスは仕事に必須|ドメイン例と決め方解説

お悩み人

個人事業主(フリーランス)になったけど、メールアドレスはどうやって作ったらいいのかな。

メールアドレスは仕事をする時に必要になるし、準備する時にどうやって作成するか迷ってしまいますよね。

このようなお悩みに参考になる記事を書きました。

ジョン

実は僕もはじめて作成するときに、どうしようか迷ってしまいました。
名刺にも載せるし、長くならないようにわかりやすくするには?で悩んでいました。

仕事の窓口については、独自ドメインでメールアドレスを作ると安心してお仕事できます。

この記事でわかること
  1. 独自ドメインが良い理由
  2. メールアドレスの例やドメイン決め方
  3. メールアドレスの作り方
    (サーバー比較メールサーバー
  4. 独自ドメインのメリット・デメリット

独自ドメインだと更新すればずっと使えるので、メールアドレスを変更することなく窓口がしっかりします。

この記事では、個人事業主のメールアドレス例、決め方、作り方を解説しています。

悩んで決めることによって、自信を持って事業開始できますよね。

ドメインを決めるとすぐに作成できるので、今日から独自ドメインメールを使ってみてくださいね。

目次

個人事業主・フリーランスのメールアドレスは独自ドメインがオススメ

フリーメールと独自ドメイン

個人事業主になるとメールアドレスは「独自ドメイン」がオススメです。

独自ドメインを使用することで、ブランド力を高めることができます。

独自ドメインは、特定のブランドやサービスを登録するために使用され、覚えやすくする助けになってくれます。

電子メールやフォームなどのコミュニケーションの信頼性の向上にも役立ちますよね。

費用が発生しないフリーメールだとドメインが決まっている

  • ~@gmail.com
  • ~@yahoo.co.jp
  • ~@outlook.com

独自ドメインで屋号がジョンデザインだと

  • ~@johndesign.com

メールアドレスに屋号を入れることもできるので、わかりやすくなります。

フリーメールは迷惑メールにも使われることがあるので、プロフェッショナルのメールにはふさわしくないです。

「信用力」が大切なので、仕事で使う場合は独自ドメインがオススメの理由でもあります。

フリーメールだと心配なことも

フリーメールを使うと心配なこともあります。

お仕事関係の方

このアドレスは、いつでも連絡とれるのかな?

お仕事する相手も不安な気持になってしまいます。

仕事のメールを見落としてしまった場合、信用がなくなってしまいますよね。

事業をするとなれば、

  • 独自ドメインで
  • 安心感を持って

お仕事するのが良いです。

独自ドメインのメリット・デメリットのご紹介

独自ドメインのメリットデメリット
独自ドメインってどこの部分?

○○○○@□□□□.com
赤字
部分がドメインで、自分で決めることができます。

独自ドメインを使おうと思っても、サーバーが必要だったり独自ドメインを決めないといけません。

独自ドメインがオススメと言っても、メリットとデメリットがあるんです。

独自ドメイン取得のメリット

独自ドメインのメリットはこちらです。

独自ドメインメリット
  • 信頼性アップ
  • 仕事用とプライベート用が区別できる
  • メールアドレスがたくさん作れる
    (窓口用、仕事用など)
  • ウェブサイトでも利用できる

お問い合わせや仕事の連絡もしやすく『安心してお仕事』できますよね。

電話でも内容は話せるけど、資料など説明したい場合もあるのでメールはすごく便利です。

独自ドメイン取得のデメリット

独自ドメインのデメリットはこちらです。

独自ドメインデメリット
  • ドメイン取得や更新費用が発生
  • サーバー代や更新費用が発生
  • どのドメインを取得するかで悩む
  • どこで取得するか悩む

費用は高くないけど、取得時や更新時に費用発生するのがデメリットです。

個人事業主・フリーランスのメールアドレス例

独自ドメインで作成すると「屋号やサービス名」を文字列に入れることで、メールアドレスがわかりやすくなります。

お悩み人

屋号を決めて開業したので、独自ドメインで作成してみようかな。

ジョン

あなたのお名前 @ 屋号またはサービス名.comみたいに作成すると、誰から送られてきたのか相手もわかりやすいですよ。

メールアドレスは長くせず、シンプルに作成するのがポイントです。

ドメインを取得しローカル名(@の左)を決めることで、複数のメールアドレスが作成できます。

  • 個人名で取引先とメール
    • john@~
  • 用途に合わせて作成
    • 代表メールアドレス(contact@~)
    • 送信専用アドレス(no-reply@~)
    • ニュース・情報配信用(news@~)

メールアドレス
『✕✕✕✕ @ 〇〇〇〇.△△△

  • ✕✕✕✕はローカル名
    (お問い合わせ用、個人名など)
  • セカンド(サード)とトップレベルドメインを決めて取得
  • 〇〇〇〇はセカンドレベルドメイン
    (屋号またはサービス)
  • △△△はトップレベルドメイン
    (.jp、.comなど)

独自ドメインなら「安心感」を持ってお仕事できるので、ドメインを決めてメールアドレスを考えてみましょう。

メールアドレスの例

※参考程度に記載しています。

  • デザイン関係だと
    john@johndesign.com(.jp)
  • お店関係だと
    john@john.shop
  • 企画・計画関係だと
    john@johnplan.com(.jp)
  • アトリエ関係だと
    john@johnatelier.com(.jp)
  • 設計関係だと
    john@johnsekkei.com(.jp)

サーバーを決めてメールアドレスを作成してみましょう。
記事内のサーバーは比較はこちら

シンプルに作成

メールアドレスが長くなると、間違えるケースも増えるので注意が必要です。

ローカル名(@の左)は記号も使えるけど、ハイフン「-」とアンダーバー「_」は似ているので間違えやすいです。

ドメイン部分にハイフン「-」を使ってわかりやすく

ドメイン部分が長くなると、ハイフン「-」を入れるとわかりやすくなります。

johndesign.com 

john-design.com

ハイフン「」を入れることで、作りたいドメインも取得しやすくなります。

個人事業主・フリーランスのメールアドレス決め方

お悩み人

ドメインを決めたいけど「.com」や「.jp」など何がいいのかな?

ジョン

ドメインは種類(.com.jpなど)によって価格も違いますよ。
仕事用であれば「.com」や「.jp」などで良いかと思います。

ドメインの種類や価格を調べて取得するようにしましょう。

ドメイン種類
  • .co.jp
    日本に拠点がある法人のみ使用可能
    個人では取得できない
  • .jp
    日本を意味するドメイン
  • .com
    商用サービスや企業向けなど
  • .net
    ネットサービス向けなど
  • その他多数

トップレベルドメインを決めて、屋号やサービス名の文字列を考えると取得することができます。

ジョン

お客様の名刺をお持ちの方は、確認してみるとメールアドレスに屋号などが入っていますよね。

ドメインが長くて複雑な場合は、相手も間違ったりしやすいので注意が必要です。

サーバーを選ぶとドメインがセットでついてくるプランもあります

ドメインを取得する場合「取得費用+更新費用」が発生しますが、セットでついてくるプランだと利用期間中はドメイン費用が発生しないお得なプランもあります。
詳細は記事内のこちらから

ドメインが取得できない場合も

ドメインは世界に一つだけしかないので、同じ文字列がすでに存在する場合は取得できません。

  • 例えば『johndesign.com』でドメインを取得したい場合、すでに存在していると取得できません。
    • 解決策 → johndesign.com
    • 解決策 → johndesign.jp(.netなど)
    • ハイフンを入れたり、トップレベルドメインを変更すると取得できる場合があります。

個人事業主・フリーランスのメールアドレス作り方

仕事用メールアドレス

独自ドメインを取得する時は、次の2パターンの使い方でサーバーを決めると良いかなと思います。

使い方を決める
  1. メールとWebサイト(ブログなど)を使う場合
    メールとWordPressを使う場合だと、サーバーは月額1,000円前後で利用できます。
  2. メールだけを使う場合
    メールだけだと、サーバーは月額100円前後で利用できます。

メールとWordPress(ブログなど)が使え、契約期間中は対象ドメインが無料でお得に利用できるサーバーもあります。

対象ドメインが永久無料で安定重視なら
ConoHaWING」「mixhost」「エックスサーバー」がおすすめです。

.com」などは契約期間中、ドメインが無料なので、サーバーとドメインがセットでお得になります。

.jp」や「.co.jp」はドメイン無料対象にならないので、「お名前.com」で取得できます。

独自ドメインを取得すると、スキマ時間にWebサイト(ブログ)を始めることができます。

メールとWordPressが使えるおすすめサーバー

メールとWordPressが使えて、対象ドメインが無料でお得に利用できるサーバーをご紹介しています。

スクロールできます
公式サイト月額費用
(36か月)
初期費用ドメイン
無料プラン
ドメイン
種類
ディスク
容量
転送量
マルチドメイン
MySQL
サポート適用条件
ロリポップ550円無料ハイスピードから45種類以上
(.jp .comなど)
400GB無制限メール
チャット
電話
12か月以上自動更新設定
ConoHa WING 968円
687円
2/7まで
無料WINGパック20種類
(.comなど)
300GB無制限メール
チャット
電話
WING
パック
カラフルボックス 726円無料BOX2から8種類
(.comなど)
300GB無制限メール
チャット
電話
12か月以上
エックスサーバー 495円
2/3まで
無料スタンダードから11種類
(.comなど)
300GB無制限メール
チャット
電話
12か月以上自動更新設定
mixhost 990円無料スタンダードから9種類
(.comなど)
300GB無制限メール
12か月以上

最初はメールを使って「スキマ時間にブログで情報発信を始めてみようこのような利用もできます。

僕は小規模事業からスタートしたので事務所のWebサイトよりか、個人で活躍できるテーマで情報発信しています。

運営しているメディア

WordPressが使えるサーバーだと、下記のようなWebサイトも作成することができます。

ドメイン無料や長期利用するとサーバー費用も安くなるので、チェックしてみてください。

国内最速サーバー
「.com」などのドメイン無料あり

ハイスピードプランで
「.jp」「.com」などのドメイン無料あり

他サーバーも気になる方は、ドメイン無料になるサーバーを比較しているので、チェックしてみてください。

メールサーバーのおすすめ

メールだけ使う場合は、安く利用できるので下記サーバーがおすすめです。

独自ドメイン費用が別途必要になりますが、公式サイトからドメイン取得もできます。

スクロールできます
公式サイトドメイン料金メールサーバー
1年間利用料(月)
メール容量マルチドメインメーリング
リスト
メール自動送信スパムフィルタ
ムームードメイン 別途必要1,980円
(月165円)
30GB50個×
さくらの レンタルサーバ 別途必要1,048円
(月87円)
20GB20個10個×
お名前.com 別途必要1,260円
(月105円)
20GB30個20個×
(月93円)

(料金が変更する場合もありますので、詳しくは公式サイトでご確認ください)

さいごに:メールアドレスは独自ドメインで

個人事業主・フリーランスの仕事用メールアドレスについてのご紹介になりました。

仕事用のメールアドレスを作ると

  • 信頼性アップ
  • 仕事用とプライベート用が区別できる
  • メールアドレスがたくさん作れる
    (窓口用、仕事用など)
  • サーバー契約でホームページも作れる
  • ブログなどの副業もできる

独自ドメインでメールアドレスを持っているとよかったと感じることもあります。

格安サーバーもありますが、月額1,000円前後のサーバー利用する方が性能もいいのでおすすめです

キャンペーン内容

国内最速のレンタルサーバー「ConoHa WING」は、2023年2月7日(火)16:00まで通常料金より最大52%OFF、月額687円からWINGパックをご利用できます。


WINGパックで利用期間中ドメイン2つ無料、メールやWordPress設定も簡単なのでオススメのサーバーです。

ジョン

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気の記事

用途ごとのメールアドレス作成やレンタルサーバーもご紹介しています。

他にも個人事業主やフリーランスにお役に立つ内容もご紹介しています。

よかったらシェアしてね!
目次