個人事業主プリンター、複合機

【個人事業主】プリンター・複合機選び!まずは小規模オフィス用がおすすめ

お悩み人
お悩み人
個人事業主の準備をしているけど、プリンターや複合機どうしようかな。

このようなこと気になったことはないでしょうか。

ジョン
僕は開業する時に、2週間くらい悩みました。
悩んだ理由は、会社員時代は大型の複合機。
個人事業で問題なく使える複合機はどれだろう?
このようなことを疑問に思っていました。
  • これからプリンター・複合機を導入予定
  • 個人事業主の準備中
  • これから個人事業主になる予定

購入する他に、リース・レンタルの選択肢もあるので、検討して決めるのがオススメです。

しっかり検討することで、費用面のこと、日々の業務や仕事もスムーズになります。

これからプリンター、複合機を決めようと思う方の参考になればと思います。

 

プリンター・複合機は使い方で決めてみよう

個人事業主プリンター、複合機

会社員時代は、日々の業務や仕事で「コピー、FAX、プリント、スキャン」はよく使っていましたよね。

  • プリンター
    →プリント機能
  • 複合機(大型・小型)
    →コピー、FAX、プリント、スキャン機能

使い方によって、プリンターにするのか複合機にするのか決めてみましょう。

僕は家庭用プリンターを持っていたので、個人事業主になり複合機を導入しました。

プリンターで開業すると難しいと思ったこと3つ

  1. 月の出力枚数:200~500枚想定
    プリンターでは業務・仕事が難しい
  2. スキャン:たまに使う
    プリンターでは業務・仕事が難しい
  3. コピー:たまに使う
    プリンターでは業務・仕事が難しい

開業後の想定もしながら決めていくのがオススメです。

経営するのも自分なので、使える機能があると困らないのですよね。

 

個人事業主のプリンター・複合機選び

開業すると設備資金や運転資金も必要なので、50~100万円の複合機はなかなか購入できないですよね。

それでも安価な「プリンター、複合機」を購入しても、印刷速度機能コスト色合いなど機器によって変わります。

僕が開業する時の複合機選び方

  1. 出力少ない、スキャン、コピー使わない
    インターネットから購入

    プリンターまたは複合機の購入(デスク置きタイプ)
  2. 出力多い、スキャン、コピーも使う
    判断がつかないので「コピー機.com」などに相談

    複合機の購入またはレンタル(小規模用複合機)
  3. 大量出力、スキャン、コピーも使う
    判断がつかないので「コピー機.com」などに相談

    複合機のリース(業務用向け複合機)

購入するとずっと使えるものではないので、安いものは耐久性印刷コストがかかってしまいます。

僕は②の「出力が多く、スキャン、コピーも使う」ことを想定していました。

僕は会社員時代コピー機担当をしていたので、会社を退職する時に相談しました。

 

安いプリンターや複合機は「業務・仕事」に問題がでる場合も

初期費用を抑えることもできますが問題点もあります。

  • 印刷スピードが遅い
  • 両面印刷できない場合も
  • 給紙枚数が少ない
  • 連続コピーができない
  • 連続スキャンができない
  • 初期費用は安いがインク代が高い

使ってみると、業務や仕事で使える「プリンター、複合機」を購入しないといけないケースも発生します。

 

低印刷コストの複合機がおすすめ

初期費用は家庭用より高くなりますが、業務用の複合機よりは安いです。

高性能かつ低コストなので、インクを高頻度で購入しなくてよいのがメリットです。
(ブラックならボトル1本で約6,000枚)

業務用は高くて導入できない、でもよく出力する場合にはオススメだと思います。

 

A4サイズ

  • A4プリント(片面・両面)
  • 連続コピー、連続スキャン、FAX
  • モノクロ約0.8円、カラー約2.2円
  • 重さ約16.6kg
  • 耐久枚数は約15万ページ

 

A3サイズ

  • A4・A3プリント(片面・両面)
  • 連続コピー、連続スキャン、FAX
  • モノクロ約0.9円、カラー約2.2円
  • 重さ約24g
  • 耐久枚数は約20万ページ

  • A4・A3プリント(片面・両面)
  • 連続コピー、連続スキャン、FAX
  • モノクロ約0.8円、カラー約4.1円
  • 重さ約31g
  • 耐久枚数は約30万ページ

印刷枚数が増えると複合機の「リース・レンタル」を検討

複合機購入・リース・レンタル

僕が想定していた枚数より増えたことから、15万円程度の複合機を購入して失敗しました。

(横にスクロールできます)

内容複合機の購入複合機のリース複合機のレンタル
所有権個人または法人リース会社レンタル会社
初期費用
機器代がすごく高い

安い
(初期費用0円など)

レンタル会社による
月のランニングコスト
安い
(トナーまたはカウンター保守料)

高い
(月のリース料金+カウンター保守料)

高い
(月のレンタル料金)
利用期間自由3~6年短期・長期可能
途中解約
できない

できる
審査
なし

あり

なし
機械の選択
できる

できる

できない

安い複合機も当然ありますが大量出力に不向き、高額の複合機は開業時になかなか購入できない。

このような問題点もありますよね。

開業して数か月、印刷枚数が増えてくるとリースまたはレンタルの検討をしてみるのもオススメです。

  • リース
    説得力ある資料を作成し審査に申し込んでみる。
  • レンタル
    短期間で使い、実績を作って購入またはリース。

複合機の購入またはレンタルについてもご紹介していますので、参考にしてみてください。
≫【個人事業主向け】複合機の相談なら「コピー機ドットコム」で導入できるか検討してみよう

 

開業すると最初は複合機のレンタルがオススメの場合もあり

複合機のレンタルは、月にどれくらいの枚数を使うのか検討できるところがオススメです。

僕は開業してすぐに小規模事業用の複合機を購入、短期間はレンタル複合機を使って判断すれば良かったと後悔しています。

プリント革命の複合機なら、初期費用、カウンター代、インク・トナー代、送料・保守代が0円です。

月8,800円~から複合機のレンタルができます。

複合機レンタルのメリット

  • 購入せず複合機を定額料金で使える
  • 途中解約もできる
  • 開業して使う枚数の把握ができる
  • 複合機の購入、リースの検討材料に
  • 7日間フリートライアルできる

複合機レンタルデメリット

  • 長期で利用すると高くなる
  • 途中解約すると、契約期間分の料金が発生。

複合機レンタルはメリットデメリットあるけど、開業してどれくらい使うかの判断材料にもなりますよね。

\レンタルのご相談はこちらから/

 

さいごに:しっかり検討しプリンター・複合機を選ぼう

安いからといって初期費用があまりかかならないプリンターや複合機を使うと、耐久性印刷コストなどの問題が発生します。

日々の業務や仕事内容に合った、プリンターや複合機を選ぶのが良いですよね。

相談してみることで、事業に合った複合機がみつかるかもしれません。

プリンターや複合機にはコピー用紙も必要です。

個人事業主向けのオフィス用品通販サイトもご紹介していまので、参考にしてみてください。
≫【個人事業主向け】オフィス用品のおすすめ通販サイト3選をご紹介

ジョン
最後まで読んで頂きありがとうございました。