個人事業主複合機

【個人事業主向け】複合機の相談なら「コピー機ドットコム」で導入できるか検討してみよう

お悩み人
お悩み人
個人事業主になってよく印刷するようになったし、プリンターや複合機どうしようかな。

日々の業務や仕事で、コピー、FAX、プリント、スキャンは会社員時代でもよく使っていましたよね。

ジョン
個人事業主の準備をしている時から複合機のことすごく悩みました。
複合機がないと困るとわかっているけど、僕はなかなか決められませんでした。
  • 事業をはじめたけど複合機どうしようかな
  • 家庭用プリンターだと業務するにが難しいな
  • 個人事業主の開業準備中

複合機は高いイメージはあるけど「購入・リース・レンタル」それぞれを検討することで解決できます。

複合機を導入することで、やっぱり業務や仕事もスムーズになりました。

これから複合機を導入しようと思う方の参考になればと思います。

 

はじめに:複合機についてはコピー機.comに相談してみよう

メーカーもたくさんあるので、全て調べて決めるのにはすごく時間がかかってしまいますよね。

このようなお悩みは「コピー機.com」に相談すると解決できるかもしれません。

  1. コピー機・複合機の購入
  2. コピー機・複合機のリース
  3. コピー機・複合機のレンタル

それでれ検討して決めていくのがオススメです。

僕は会社員時代にコピー機担当をしたことがあるのですが、知識ではプロには勝てません。

印刷速度、機能、色合いなど、機器によって変わってくるんです。

利用方法を伝えると、最適な提案をしてくれます。

 

コピー機.comの特徴

コピー機ドットコムは、東証プライム上場のコピー機・複合機の販売代理店になります。

大手国内メーカーのコピー機、複合機があるので、利用方法に合うものが見つかると思います。

  • 業界最安値に挑戦してくれる
  • エリアによっては、即日訪問をしてくれる
  • メンテナンスも充実
    (全国対応)
  • アフターフォローまで安心
  • 初期費用がないので導入しやすい
  • オフィス周りのサポートあり
    (電話・インターネットなど)

機械なので急に動かなくなることもあるのでメンテナンスは重要ですよね。

会社員時代は当日来てくれないメーカーもあったので、複合機を入れ替えすることもありました。

 

コピー機.comのメリット

コピー機.comのメリットはこちらです。

  • 自分で調べる時間が短縮
  • 個人事業主でもリース審査可決のお手伝いをしてくれる
    (審査に通らない場合もあります)
  • 購入・リース・レンタルで最適案がみつかる
  • 対応エリアが全国
  • オフィス周りのサポートもある

インターネット、電話なども一緒にお願いすることもできます。

コピー機以外のオフィス周りは、一つの会社にお願いする方がコスト削減に繋がることもあります。

小さな会社にいた頃は「インタネット・複合機・電話など」の窓口がバラバラだったので、大変だった経験があります。

 

デメリットに感じる部分

お悩み人
お悩み人
知らないところだし、はじめてだと心配だな。

電話しようと思っても、最初どうしようかと感じることありますよね。

コピー機.comなら、オンラインから「入力・選択」できるので、心配な部分も多少解消することができます。

業務用コピー機・複合機なら
\コピー機.com/

「参考」複合機の購入・リース・レンタルの比較

僕が会社員時代、コピー機担当していた時に調べたことのご紹介です。

(横にスクロールできます)

内容複合機の購入複合機のリース複合機のレンタル
所有権個人または法人リース会社レンタル会社
初期費用
機器代がすごく高い

安い(初期費用0円など)

レンタル会社による
月のランニングコスト
安い

高い
(月のリース料金+カウンター料)

高い
(月のレンタル料金)
利用期間自由3~6年短期・長期可能
途中解約
できない

できる
審査
なし

あり

なし
機械の選択
できる

できる

できない

個人事業だと、複合機を購入すると初期費用がすごく発生します。

融資を受ける場合でも、複合機より別の費用も必要になるので、あまり多額の融資は期待できません。

事業をしている期間は複合機が必要になるので、リースだと初期費用を抑えられるので導入しやすいですよね。

 

家庭用プリンターだと業務に支障がでる可能性も

僕は融資の関係で開業して2週間、3.0万円程度のA4家庭用プリンター(コピー・プリント・スキャン)を使っていました。

開業時の想定

  • 月枚数:200~500枚
  • スキャン:たまに使う
  • コピー:たまに使う
  • FAX:使わない

家庭用プリンターだと、なかなか業務が厳しかったです。

厳しかった理由

  • 開業すると月に500~1000枚くらい使うように
  • 印刷スピードが遅いこと
  • 両面印刷できないこと
  • スキャンも1枚づつしかできないこと
  • A3も使うようになったこと
  • 大量に出力する時は、印刷サービスを利用

開業すると忙しくなったため、次に15万円程度の小規模事業用の複合機を購入しました。

 

小規模事業用でも厳しい結果に

想定枚数も増えたので、我慢するとなんとか使えるぐらいです。

  • 大量に出力するとスピードが落ちる
  • たまにカラーが出力されなくなる
    (頻繁にクリーニング必要)
  • 2~3枚くらい用紙が重なって出力されることがある
  • 業務用より、かすれぼやけが発生する
    (頻繁にクリーニング必要)

会社員時代の環境と比べると、不便だと感じることがよくありました。

 

電子文書をうまく活用しながら印刷代の節約

印刷代の節約

印刷すると費用が発生するので、電子文書(DocuWorksなど)を活用しながら必要な時だけ出力するようにしています。

改善前(2枚必要)

  • 作業 → 複合機で出力 → 紙でチェック → 再度出力

改善後(1枚必要)

  • 作業 → 電子文書に出力 → 画面でチェック → 複合機で出力

パソコン画面では、隅々までチェックできないので、紙でチェックした方がわかりやすいですよね。

でも不要紙の発生印刷枚数が増えてしまうデメリットがあります。

出力枚数が増えると、キット方式(トナー代)カウンター方式でも費用が高くなるので、会社員時代に請求書見てビックリしたことがあります。

電子文書をうまく活用しながら業務・仕事をしていくのもオススメです。

 

さいごに:個人事業主の複合機選び

複合機は業務や仕事で必ず必要になってきますよね。

現在使っている複合機やこれから使おうと考えている複合機より、
コピー機.com」に相談してみることで安くできる可能性もあります。

  1. コピー機・複合機の購入
  2. コピー機・複合機のリース
  3. コピー機・複合機のレンタル

僕は少しの期間だけど我慢しながら仕事をしていました。

会社員時代と同じ環境にすることで、ストレスなく働けるようになりました。

自分で経営しているからこそ、効率は大事ですよね。

起業時、事業拡大で移転、設置工事や移設の手配まで相談できます。

複合機やオフィス周りのことを1社に任せていると安心できますよね。

複合機のご相談はこちらから
\コピー機.com/

ジョン
最後まで読んで頂きありがとうございました。